読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

My Disney Timez

ドナヲタによるディズニー日記

新たな未来へ向かって発進 ストームライダー!!

2001年の開園から多くのゲストを楽しませてくれた
「ストームライダー」が本日、ラストフライトを迎えます。

f:id:ariseitsuki:20151103171513j:plain

昨年、ストームライダーのクローズが発表された時
様々なところでクローズすることに対し物議を醸し出しました。
バックグランドストーリーはどうするんだ。
ニモのアトラクションはポートディスカバリー
世界観に合わない…などなど。
クローズに対する反対運動の署名活動まで起きました。

私もストームライダーが好きないちファンとして
やはりクローズは淋しいです。
しかしパークは今年、開園15年という節目を迎えて
新たな変革期を突入しました。
ディズニーの生みの親、ウォルト・ディズニーの名言に
「ディズニーランドは永遠に完成しない」という
言葉があるように、時とともに新たな姿へと変わっていくのは
必然のことと言えるのかもしれません。
それを示すかのように、昨年行われたD23のTDRショーの中で
「新たな未来へ向かって発進、ストームライダー!」
研究員たちが、そう発言した時に思ったんです。

(ここからは私の完全な妄想ですwwww)
彼らはストームディフューザーを開発し
ストームを消滅させること成功したわけです。

15年という時間をかけて、キャプテンスコットと
キャプテンデイビスポートディスカバリーを襲う
数多のストームを消滅させてきました。
当然、回を重ねるごとに消滅の精度はあがり
ストームが起こらない様な研究も同時に進められた結果、
ポートディスカバリーにはストームが発生しなくなった。

きっと、あのお調子者のキャプテンデイビス
ストームライダーを墜落させるようなドジも
踏まなくなったんでしょう。

だからストームライダーは新たな気象現象の調査へ行くため、
ポートディスカバリーを留守にすることにしたのかなと。

そう思ったら、ちょっとだけ淋しさが紛れて
次のアトラクションに対する興味が湧いてきました。
だから私はストームライダーにありがとう、お疲れ様ではなく
いってらっしゃい、気をつけてという言葉をかけたいと思います。

なお後継アトラクションは2017年春オープン予定です。
どんな新しい発見をCWCが見せてくれるのか、楽しみにしたいと思います。