読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

My Disney Timez

ドナヲタによるディズニー日記

Valentine Night 2016

関東の平地でも積雪があるかも……と言われた
1月最後の土曜日。
幸い雪は降らなかったものの、
肌を刺すような冷たい海風が吹き荒ぶなか
ディズニーシーへ行って参りました。
目的はモチロン、コレ。

f:id:ariseitsuki:20160130174846j:plain

今年、内容が一新されたバレンタインナイトを見るため
旦那と一緒に行ってきました。
チケット発売の段階から、既に昨年までの公演とは
全然違う形態を成していたので。
本編の方もさぞ期待できるだろう……と思っていた
私の期待を裏切らない、素晴らしい内容でした。
(ここから先はネタバレになります。
これから鑑賞予定の方はご注意ください)

昨年までの公演は、どちらかというとキャラクターに
重きを置いた構成になっていたこともあり。
カップルはもちろん、乳幼児を連れたファミリーが
多い印象だったのですが……

今年は「Concert of LOVE」と銘打っているだけあり
オーケストラ演奏によるコンサートに重きを置いた
構成だったからなのか。
それとも今までみたいにチケットとショーの鑑賞券が
一体型のチケットではなくなったせいなのか。
理由は分かりませんが、少なくとも私が見る限り
3歳以下のお子様を連れたファミリーは
あまり見かけませんでした。
おかげさまで子供の鳴き声とかを気にすることなく
ドップリ、コンサートを楽しめました。

今年から新しくなったテーマソング『Love Is Wonderful』
公式サイトで一部紹介されたのを聞いた時には
うーん……って感じだったのですが。
実際にオケの音で、生歌を聞いたら鳥肌ものでした。

キャラクター部分に関しては
昨年まではピノキオやライオンキングなどもありましたが
今年は完全にプリンセスのみ。
今までは家族愛も入っていましたが、今年のは完全に恋愛のみ。
なんでアナ雪出ないんだろうねーって言ってた方がいたのですが
恐らくアナ雪は姉妹愛だから出なかったのかなと思ったり。

キャラクターパートのトップバッターはラプンツェル
「I See The Light」をバックにフリンとランタンを浮かべるシーンが
ロマンティックで思わずうっとりしてしまいました。

そんなラプンツェルに続いて登場したのはアラジンとジャスミン。
「ホールニューワールド」をバックに舞台で空飛ぶ様子を
上手く再現していてスゴイなぁ…と感心してしまいました。

この他にも野獣とベル、エリック王子とアリエル、
フィリップとオーロラ、プリンス王子と白雪姫、
プリンス・チャーミングとシンデレラが登場しました。
ただラプンツェルとアラジンに割と時間を割いていた為
他のプリンセス達のシーンはやや短めでした。
まぁ……彼らは去年までの公演にも出ていたし。
今年初登場組に花を持たせてあげないとね。

そしてバレンタインナイトの目玉と言えば
メッセージコーナー。
事前に募集した中から選ばれたメッセージを
紹介するこのコーナー。
そのメッセージに合わせた寸劇(笑)を
ミッキーとミニーが披露してくれるのですが。
今日のは盛大に笑わせてもらいました。

恥ずかしがりやの彼が長年付き合ってきた彼女に
無事プロポーズをし、抱き合っている場面で
事もあろうかミッキーが離れろ!!のジェスチャーをして
ミニーにチョップで怒られるという珍場面に遭遇。
普段は紳士に祝うミッキーが、まさにリア充爆発しろと
言わんばかりの勢いでやっていたので、
会場が爆笑の渦に包まれていました。

公開プロポーズは少し恥ずかしいけれど、
こういうイベントを通して、プロポーズをしてくれるって
すごく憧れます。
自分の時は、ちょっと素っ気ない感じだったのでねwww
でも帰りの新幹線で、旦那に結婚して良かった?って聞いたら
辛い事があっても今が幸せだから良かったと言って貰えたので
それで十分かなとも思います。

皆さんも大切な人とリニューアルしたバレンタインナイトに
ぜひ足を運んでみてはいかがですか?